FC2ブログ

リコーダー 後半 パートA

“正当化”?どいう意味だ?



そんなことを考えていたのは“あの”後だったか、前だったか。



目を覚ますと同じ場所にいた。
教室の扉がゆっくり開いた。



「おい、まだ教室に誰かいたのか!早く帰れ。」



先生?



「なにをボーッとしている?」



確か僕はこの担任の先生にさっき注意されてリコーダーの件がばれそうになって、あれ?



また?



「リコーダーの練習なら家でやれ」



「あ、はい」



同じようなやりとりがまた繰り返された。



もしそうなら次にまた彼女のリコーダーを舐めてたことがバレる?



「すぐ帰れよ。」



あれ?



バレない。



そのまま立ち去る先生。



どいうことだ?



少しボーッとしながら周りを見渡した。



黒板、

提示版、

教室の窓・・・



あっ!



僕はすぐに後ろを振り向いた。



教室の窓に女の子が写っていたからだ。



しかも間違いがなければその子はこのリコーダーの持ち主。



僕の好きな子。



・・・しかし後ろには誰もいない。



もう一度教室の窓に顔を戻す。



女の子が映っている。



間違いない。



その子だ。



あれ?



僕は?



僕が映ってない?



僕は驚いた。



窓に映ったその子も驚いた。



よくみるとその子はリコーダーを持っている。



僕もリコーダーを持っている。



もしかして?



いや、そんなはずは?



僕はリコーダーを一旦机に置き、自分の体のありとあらゆる部分を触った。



・・・



あるべきものがなく。



あるべきでないものがあった。



そして確信した。



いや確信せざるえなかった。



僕は今好きなあの子になっていた。



どうして?なんで?



これは夢なのか?



考えを巡らす。



たどり着いた場所はやはり先生の言葉。



『「いいだろう、すこしいじって“正当化”させてやろう。」』



あのとき何かされたのか?



本当に夢じゃないのか?



だが体の感触が妙にリアルだ。



本当にこれが自分なのか?



僕は確か好きな子のリコーダーを勝手に吹いててそれが先生にバレそうになった。



それがいまではその好きな子になって好きな子のリコーダーを吹いている。



あれ?



これって普通のことでは。



至って当然のこと。

至って自然なこと。

つまり僕のやってることは至って正当。



そうか僕は今僕の好きな子で、このリコーダーは僕の好きな子のもので僕の物でもある。



僕は妙に納得する。



そうだ。家に帰らなきゃ。



大好きな先生に怒られる。



うん?“大好きな先生”?


いやそうだ、私はさっきのあの先生が好きだから怒られたくないんだった。



僕はリコーダーをカバンにしまった。



あとは家で練習しよう。



先生に怒られる前に急いで帰った。



先生に褒められるように練習しなくちゃ。



僕は僕の好き“だった”彼女の家に帰宅した。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーです。
相互リンクも大歓迎。
私と連絡を取りたい時は
下のメールフォームから
お願いします。

名前 :きばみん
性別 : ♂
血液型 : A型
誕生日 : 1987年3月27日
FC2ブログへようこそ!

きばみん

リンク
リンクフリーです。相互リンクは随時募集中!!

TSF関連サイト


FCサイト(TS以外)
カテゴリ
QRコード
QRコード
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム