FC2ブログ

とある日曜日の朝 4話

EDも終わり番組が終わるとすぐにテーブルに向かった。



そこの切り替えの早さはどうやら変わってない様で心なしか安心した。
そして間もなく兄が降りてきた。



兄は相変わらずだらしのない恰好だったが、ソファに座るとすぐにチャンネルつかんだ。



おそらくみるのは



『仮面ライター ファイブン!タイマン大好きだぜ!!!』



やはり。



兄も表情こそかえないがじっと目を離さず少年のように仮面ライターをみていた。



高校生にもなってヒーローものみるのもなんだが、絵図らとしてはさっきよりまともになったような気がする。



むしろ子供のときの自分を見ているようで微笑ましかった。



「健太君イケメンでかっこいい・・・」



え?



その微笑は兄のその一言で苦笑いに変わる。



いや待て待て、きっと漢(おとこ)としてかっこいいといったのだろう。



ではなぜイケメンなどという言葉を彼はあえて選択したのか・・・。



いや、深く考えすぎだ。



俺はよからぬ勘違いをしてるであろう自分を責めた。



だが次の一言で勘違いではないことが発覚してしまった。



「健太君に抱かれたい・・・」



あちゃ・・・



ぼっそって言ってしまうところがさらに深い意味を感じさせる。



俺は手でデコを押さえ落胆した。



・・・・俺はどこで育て方を間違っただろう。



まさかそっち系の趣味の子に育ってしまうとは・・・。



うん・・・?趣味?まさか!!?



俺は今の状況を思い出した。



そうか、おそらく兄は妹の面食い好きな(趣味)部分と入れ替わってまったらしい。



俺はなんとおぞましいことをことしてしまったのだ。



それでも兄は夢中になって目を輝かせてTVをみていた。



ただそれは俺の腹にライターキックしたころの少年の目ではなく、少女漫画を読む、恋する乙女のような目で。



俺はなんとなく聞いてみた。



「仮面ライター好きか?」



「・・・うん」



「お兄ちゃんは今流行りのアニメオタクだもんね」



「ちげぇよ、アニメじゃねぇよ、特撮オタつってるんだろ、女狐がっ!」



「こら、母さんのこと女狐っとかいうじゃない!」



ていうかなんで女狐なんだ?



番組が終わると兄はDVDデッキに向かった。



そしてDVDを取出した。



どうやら録画するところは変わってないらしい。



と思って不覚をとられた。



DVDケースを取り出すと何ともかわいらしい赤いリボンをつけた猫のキャラクターのシールがはってあった。



いや、おまえのキャラじゃないだろ我が息子よ。



しかもチャックのところには同じキャラのキンホルダーまでついてやがる。



それだけじゃなくほかにもケータイなんかで今流行りの凸凹したいわゆるデコレーションとやらが器用に細かく施されている。



そういえば妹のケータイも無駄にキラキラしたものがはりついていたような・・・。



どうやら思わぬところでも趣味が入れ替わったらしい。



しかしそれを知ってか知らずか、手際よくケースにしまいこんでさっさと自分の部屋に向かった。



「あ、お兄ちゃん、ちゃんと編集しといてよ」



「うぃ」



妹の問いに気だるく答える兄。



どうやら妹の分も録画していたようだ。



だから録画趣味はかわらなかったのか?



それにしても録画してこのあとどうするんだ?



いろいろ考えすぎて気を取られてしまい朝飯を食べるかどうかききそびれてしまった。



はぁ、おかしなことになってしまった。



「(望みは叶えてやったぞ、またいつでも叶えてしんぜよう)」



声が聞こえたが虚ろになった俺にはほとんど聞こえてなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーです。
相互リンクも大歓迎。
私と連絡を取りたい時は
下のメールフォームから
お願いします。

名前 :きばみん
性別 : ♂
血液型 : A型
誕生日 : 1987年3月27日
FC2ブログへようこそ!

きばみん

リンク
リンクフリーです。相互リンクは随時募集中!!

TSF関連サイト


FCサイト(TS以外)
カテゴリ
QRコード
QRコード
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム